MENU
【受講生募集中】留学直前準備コース 個別相談を随時実施しています ▶

SAT®とは

SAT®とは?

SAT(エスエーティー : Scholastic Assessment Test)はアメリカの高校生が大学に進学する際に受験する共通テストで、アメリカの非営利団体であるCollege Board®が運営しています。
2021年6月をもって、SAT Subject Testsとエッセイが廃止となり、現在はReading and Writing and Languageセクションと、Mathセクションのみとなっています。

基本は選択式マークシートで解答し、間違えた解答についての減点はありません。何度でも受験することが可能ですが、過去のスコアも全て大学側に通知されます。スコアに有効期限はありませんが、大学・学部によっては2年以内と定めている場合があります。
日本では2023年春からデジタル化されており、English54問、Math44問、合計98問のテストです。
(アメリカは2024年春からデジタル化予定です。)
※SAT公式サイトはこちらからご確認ください。

試験内容

1. English 800点

  1. Reading 32分 27問
    • 4択問題です。
    • 読解問題は小説などの文学的作品や様々なジャンルのテキストから抜粋されたもの出題されます。
    • 単語の意味を問う設問や文章の内容に合う意味を選択する設問があります。
    • 表や図が出題される設問もあります。
  2. Writing and Language 32分 27問
    • Writingとありますが、記述問題ではなく、全て4択の選択肢問題です。
    • 文章に基づく文法や分層構造・段落の構造について問われる。文章の流れを理解する力も必要です。
    • コンマ、セミコロン、コロンの使い方についての設問があります。

2.Math 800点

全編において計算機使用可

  1. 選択方式 70分33問 
  2. 自由回答 70分11問   
  • 基本的には文章問題のため、読むスピードと読解力が重要であり、難しい計算問題は少ないです。
  • グラフや表、Function(f(x)) (特にlinear function) を扱う問題が出題されます。
  • 基本はマークシートでの選択式ですが、自分で回答を記入するタイプの問題もあります。
  • 問題用紙に公式が載っていますが、公式は暗記してすぐに使えるようにしておいた方が楽です。

SATスコアって何に使えるの?

海外大学への進学に!

アメリカの大学に出願する場合、SATの提出が必須であることがほとんどです。必須スコアが定められていることも多いため、SATを申し込む前に募集要項をチェックしておきましょう。

日本の大学への進学(帰国生入試)に!

日本の大学に出願する場合、SATを必須とする大学の一例です。

  • 東京大学(帰国生入試)任意提出ですが、滞在国の統一試験で書類選考合否が決まります。
  • 慶應大学(帰国生入試)
  • 上智大学(国際教養学部AO入試)

SATスコアアップまでの道のり、学習法

STEP

SATの学習開始時期の目安は、TOEFL iBT®テストで80~90点、IELTSテストなら6.0~6.5点に到達した頃をお勧めします。その程度の英語力がない場合、SATの単語や文章が難解すぎてしまい、学習を進めることが極めて困難になるからです。日本の大学における帰国生入試も、SAT単独で出願できる大学はほとんどなく、大抵はTOEFL iBT®またはIELTSとセットで提出する必要があります。ですので、TOEFL iBT®テストやIELTSが未受験の場合は、そちらから取り組んだ方が効率が良いです。

STEP

まずはCollege Board®のホームページに掲載されているサンプル問題や、セクションごとの詳しい説明を読み、SATの概要を頭に入れましょう。サンプル問題、またはCollege Board®から発売されている『Official SAT Study Guide』で実際の問題を正確に時間を計って解いてみましょう。

STEP

解き終わった後、わからない単語はどのぐらいあったかチェックし、1つのパッセージで10個以上わからない単語があった場合は、まず単語学習からスタートしましょう。TOEFLやIELTS用の単語集を持っている場合、覚えていない単語をまずはつぶし、次にSAT用の単語集に取り掛かかるのが効率的です。SATの単語は非常に難解なため、接頭辞や接尾辞、語源で推測する方法も有効です。

STEP

時間内に解き終わらないことがほとんどです、演習を重ねることである程度スピードは早くなりますので、時間を計って繰り返し説き、設問パターンを頭に叩き込みましょう駿台では限られた時間で効率的に問題に取り組む方法を指導いたします。

STEP

分からない単語が少なくなり、時間内で解き終わるようになってきたら、さらに演習を重ねて、自分がミスしやすい問題パターンを絞り込みましょう。SUNDAI GLOBAL CLUBのSAT講師は、問題パターンごとに効率よく解答するストラテジーを教えます。まずは無料カウンセリングにお申込みください。体験授業も受付中です。

受験までの流れ

  • College Board®の公式サイトで試験日程・実施会場を確認する
  • 受検料と支払い方法を確認する
    ※公式サイトよりオンラインで申込するすぐ定員になることが多いため、早めに予約をしましょう。
    ※入力項目が多いですが、申込後でも入力は可能です。
  • 本受験